印鑑の分類とそれぞれの役割について

一言で印鑑といっても、その種類は様々です。


個人の実印、銀行印、認印、法人用の代表者印、社印、銀行印に大別できます。

個人の実印は、住民登録をしている自治体の役所に印鑑登録をすることで法的な効力を有するようになります。

印鑑証明書を関連役場から発行可能な印のことを、実印と呼称します。

個人の銀行印は良く耳にしますが、銀行印に法的な効力は存在しません。

実印を必要としない取引などで必要となる印の総称が銀行印です。法的な効力は無いものの、預貯金と言った重要な金融資産のために必要となります。そのため、大量生産品の登録は断られる場合があります。

たとえ銀行印であっても、財産管理に用いる場合は、実印と同じくらいその品質などには注意を払う必要があります。
認印は、書留など日常的な用途に使われるもので、大量生産品であっても問題はありませんが、判を押す以上、責任問題は発生するので、他の捺印同様の慎重さが求められます。


法人の実印にあたるものが代表者印です。

株式会社などの法人を設立する際に必要となる定款などの重要書類と共に、役場に届ける必要がある印鑑です。


代表社員よりもさらに大きいことが特徴の社印は、使用頻度という点においては最も重要な印鑑です。

法人設立後の実際の経営の様々なシーンで必要になり、領収書や契約書などへの捺印をする際に利用されるので、代表社印と同様に、良質な材質であることが求められます。


法人用の銀行印の造りは代表者印とほとんど変わりませんが、印の内周に銀行之印と掘ることで区別します。